緊急事態宣言中のライザップゴルフの営業は?〜今申し込むとどうなる?〜

緊急事態宣言中のライザップゴルフ

2度目の緊急事態宣言・・・

さらに1か月の延長・・・

今、ライザップゴルフの営業はどうなっているのでしょうか?

そして、今ライザップゴルフに申し込むとどうなるのでしょうか?

管理人
こんにちは。

今回は、2度目の緊急事態宣言中のライザップゴルフの営業について紹介します。

ライザップゴルフは緊急事態宣言中も営業しています!

結論から言うと、2度目の緊急事態宣言中、ライザップゴルフは全ての店舗営業しています。

2020年4月に発令した1度目の緊急事態宣言のときは「全ての店舗臨時休館」だったので、また休館かと思いきや・・・今回は営業しています。

ただし流石に営業時間は短縮しているのでご注意ください。

通常営業の時間は「7時〜23時」ですが、緊急事態宣言が出ている都道県の店舗については、宣言中は「7時〜20時」の営業となっております。

飲食店ではないですが、一応20時までなんですね。

札幌店や仙台店、広島店など、緊急事態宣言が出ていない地域の営業は通常通り「7時〜23時」のままですのでご安心ください。

ライザップゴルフのコロナ対応は?

営業している!!!

とは言っても、ライザップゴルフの感染対策によっては通うかどうか不安になります。

ゴルフとは関係ない不安を感じながらレッスンをするのは嫌ですし、ライザップに通っていることで感染したら最悪です。

特にライザップゴルフといえば、個室での完全マンツーマンレッスンですので、トレーナーが万が一陽性ならアウトですからね。

実際、ライザップゴルフのコロナ感染症対策はどうなのでしょうか?

全てのスタッフのPCR検査を月2回実施

まず、全てのトレーナー・カウンセラーが「月2回のPCR検査を実施」しています。

管理人
これはすごいですね!

PCR検査は通常症状が出ている人しか受けられませんが、ライザップでは確保しているようです。

医療従事者でもないのに月2回も常にPCR検査を受けている人なんて、聞いたことありません。

大きい会社はすごいですね。

常にトレーナーが陰性を確認した上でレッスンをしてくれるのはありがたいです。

客も全員「コロナ抗体検査」

ライザップゴルフのスタッフやトレーナーのみならず、お客さんにも全員「抗体検査」を実施しています。

これも、聞いたことないですね。

現在のライザップゴルフ会員のみならず、新規入会の方も原則コロナ抗体検査を受けることになります。

抗体検査を受ける理由は大きくあり、1つは「ライザップに関わる全ての方の不安を取り除く」ため。

そしてもう1つは「収集した検査データを提携先医療機関に提供し、社会の有用なデータとして活用してもらうため」だそうです。

繰り返しますが大きい会社はすごいですね。

感染専門医の指導による感染対策

もちろん、通常の感染症対策も、感染症コントロール医師の指導のもと、

  1. 消毒
  2. 接触防止
  3. 飛沫防止
  4. 換気

を徹底して実施しています。

ライザップゴルフでは「ゴルフクラブ」や「手袋」等の貸し出しが自由のため、消毒が特に大変そうですね。

その点、医師の指導のもと徹底した感染対策を実施しています。

1ヶ月間の期間延長

「20時以降も営業しているからこそ、仕事終わりに通えたのに!!」

と言う方も、いらっしゃるはずです。

現在すでにライザップ会員の方は、希望すれば契約対象コースの利用有効期限を、無償で1ヵ月間延長することができます。

※緊急事態宣言期間が1か月延長されたことに伴い、契約コースの延長もさらに1ヶ月延ばせるのかは現時点で不明です。

オンラインサービス、トレーニング動画の配信

ライザップゴルフ では、営業時間の短縮等により店舗に通いにくくなる方を考慮して、「オンライン」により力を入れています。

例えば、今では初回のカウンセリングは店舗へ行かなくてもオンラインでも済ませられることができます。

他にも、ライザップゴルフの会員限定アプリを通して「レッスン動画の無料配信」等、コロナ禍でのライザップゴルフ会員が損を被らないようにオンラインサービスを拡張しています。

これに関しては「マンツーマンこそライザップ」だったはずなので、批判も当然あると思います。

ですが、このようなご時世の中「店舗でのマンツーマンレッスン」に過度にこだわり過ぎることなく、今の環境でできるサービスを提供しているんだと思います。

もちろん、緊急事態宣言中も「30日全額返金制度」は対象なので、気に入らなければ途中で辞められます。

まとめ〜2回目の緊急事態宣言中のライザップゴルフ〜

  • 全ての店舗営業!
  • ただし時間短縮(7時〜20時)
  • 緊急事態が出ていない地域は23時まで
  • 全スタッフがPCR検査を月2回
  • お客さんも抗体検査
  • 感染対策はバッチリ
  • オンラインサービスを拡張中

以上です。

大変な世の中ですが、どちらかと言えばゴルフは安全にプレーしやすいスポーツです。

多くても4人ですし、マスクプレーをしてレストランで蜜にならない限り安全です。

自粛中で時間がある今こそ、周りにググッと差をつけるチャンスかもしれませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

>>ライザップゴルフの料金を14万円安く抑える方法を体験者が教えます!

-->