【意外とむずい】2つのゴルフボールのうち1つを投げる練習

ゴルフボール2個投げ練習

ゴルフスイングに「力み」は禁物です。

「力み」のないスイングを手に入れるための、ユニークな練習方法を紹介します。

なお、この練習方法は「今自分のスイングが力んでいるのか?」を確認することにも使えます。

2つのゴルフボールを持って手前の1つを投げる

この練習方法は、ライザップゴルフで実際のレッスンの中で教わった方法です。

まずは実際のライザップゴルフのレッスン動画をご覧ください。

僕めっちゃ下手ですね・・・

ゴルフボールの持ち方は、利き手の小指の付け根と親指の付け根にゴルフボールを2つ並べて置き、そのままぎゅっと握るだけです。

そのうち、小指側に置いたほうのボールだけを、スイングする流れで投げるのです。

つまり、投げにくい方だけを投げるわけです。

簡単そうに見えて意外と難しい

管理人
一発目でできるかどうかを確認してみてください。ごらんの通り僕はできませんでした(-。-;

簡単そうに見えて、意外と難しいです。

やってみるとわかりますが、最初のうちはボールが離れなかったり、ボールが勢いよくとんでいかないと思います。

自分では力みがないつもりでも、実はクラブを握りすぎてしまっているのです。

また、力んでいると右肘が柔らかく使えないことにも気付かされます。

「力む」ことのデメリット

そもそも「力む」ことのデメリットはなんでしょうか?

動画の先生の言葉を借りると、ぎゅっと力を入れて力んだ場合、ブレーキがかかってしまい、「クラブを押す」か「クラブをひねる」ことに繋がってしまいます。

もちろん、それだけではありません。

遠くへ飛ばしたいのであれば、目一杯力を入れたほうがいいのでは?と思うかもしれませんが、ゴルフにおいていわゆる「力む」ことは以下のようなデメリットがあります。(というかゴルフだけじゃないですが)。

力むことのデメリット
  • 体全体がスムーズに動かない
  • クラブと身体が連動しない
  • スイングスピードが遅くなる
  • インパクトで力が伝わらない
  • スイングの起動が安定しない

結局のところ、無駄な力が入っていることで、身体のバランス、力のバランスが崩れているのです。

プロゴルファーのスイングを見ると、ものすごく自然に、流れるようにスイングしていると感じませんか?

「おっりゃー!」と力いっぱい振っているようには見えず、脱力して振っているようにさえ見えます。

古閑美保選手や宮里藍選手のスイングを見ると、え?力入れてる?といつも思っていました。

野球で言うと、西武ライオンズの中村剛也選手のスイングがその典型だと思います。。

無駄な力を省くことで、逆にスイングスピードが上がり、体と連動してボールに力が伝わるのです。

本来ゴルフは「力む」もの?

力まずスイングする。ということを伝えると、必ず「ゴルフは力まなければ打てないけど?」と正論をかましてくる方がいます。

確かに、極論いうとその通りです。

力を入れないとクラブは振れないですし、パワーがあるほど飛距離も出ます。

ポイントは

  1. 無駄な力を抜くこと
  2. 意識するほど力んでしまう
  3. クラブの重さを利用すること

です。

無駄な力を抜く

「力む」とは、無駄な力が入っていることを意味します。

語弊をおそれずに言うと、人からみて(もしくは動画を撮って)「力が入っているように見える」のは、何より力んでいる証拠です。

プロのスイングの話に戻りますが、プロのスイングも当然、実際には力が入っています。

それが、まるで力を抜いて軽く振っているように見えることが、何より「力んでいない」スイングなのです。

意識するほど力む

人間は、意識すればするほど、その場所に力が入ってしまうものです。

だからこそ、意識しなくてもできるように、ボールを投げるようにするのです。

打つ前に「力まない」と意識したところで、余計に力むのです。

日頃の鍛錬が重要となります。

クラブの重さを利用する

もう1つ重要なのが「クラブの重さを利用する」ことです。

ボーリングが上手い人は、ボーリングの球の重さを使って投げていると言われます。

同じようにゴルフでも、クラブの重さを感じながら、その重さを利用して打つことが上達の秘訣です。

これはフルショットに限らず、アプローチやパターでも同じです。

力いっぱい振り回すのではなく、力だけで調節するのでもなく、道具の重さを利用してスイングすることが「力みをとる」コツです。

まとめ〜スイングの力みをとるためにボールを投げる練習〜

以上、スイングの力みをとるための練習方法について紹介しました。

  • 力んだスイングはデメリットがいっぱい
  • 力みをとるには意識してもダメ
  • 2つのボールを投げる練習をしよう
  • スイングスピードアップに繋がる
  • 柔らかいスイングに繋がる

実際にライザップゴルフで教えてもらった練習方法なので、ぜひ試して観てください。

プロのスイングのように、力みのない、力を抜いて打っているかのような、憧れのスイングを身につけましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-->