体重移動のコツと練習方法を「ライザップゴルフ」で教わりました。

「体重移動」をライザップゴルフで徹底的に教わりました。

実際のレッスン動画をつけて体重移動の「コツ」や「練習方法」を紹介します。

こんにちは^ ^
自分は2017年11月22日から3ヶ月間にわたり、ライザップゴルフのレッスン16回コースを体験しました。

3ヶ月間みっちり鍛えた結果、平均ドライバー飛距離が37yd伸び、ハーフでスコアが15アップしました。
>>全10回にわたるライザップゴルフ体験記はコチラ

今回はその中で、スイングの「体重移動」について、レッスンの様子を紹介したいと思います。

体重移動は「右足の親指付け根」から「左足のかかと」へ

ゴルフスイングの体重移動は、テイクバックで右足に乗り、トップから左足を踏み込むとともに、下半身主導でクラブをスイングするというイメージでした。

もちろん、右足に乗った体重が左足に移ることはまちがいではありません。

ところが、ライザップゴルフではトレーナーにこんなことを言われました。

牧先生
体重移動は右足から左足にしっかり移動できていますが、今は構えからフィニッシュまで「つま先に体重が乗ったまんま」です。

確かにその通りでした。自分の場合、構えで「両足の親指の付け根」に乗った体重が、テイクバックで「右足の親指付け根」に乗り、フィニッシュでは「左足の親指付け根」に乗っていました。

自分
確かに打った後、たまに右足が一歩前に出てしまうこともあります。バランスが悪いんでしょうか?
牧先生
今は右から左に体重が「直線的に」移動しているだけで、体の回転がないんです。
自分
回転がない??
牧先生
右足に体重が乗った時は、左肩はボールの方を向いて体がねじれますね。そこから回転するわけですから、打ち終わった後は左足のつま先ではなくむしろ「左足のかかとに体重がのる」イメージに変えましょう。
自分
左足のかかとに!?マジですか?
牧先生
そうです!コツはフィニッシュの時に左足のかかとに体重が乗るように体を回転させる意識を持つことです。

「壁」と「お尻」を使った体重移動の練習方法

牧先生
では一度クラブを置いて、壁を使って練習してみましょう。

下の動画は壁を使った実際のライザップゴルフレッスンの様子です。自分の場合、打つ瞬間に重心がボール側にズレるそうです。これを修正するために「壁にはどちらかのお尻が常に付いている」練習をしました。打ち終わりの感覚は、今までよりもかなり「かかと」に体重が乗る感じです。

動画だとわかりやすいですね!

自分の場合は、右のお尻は壁にくっついてロールしますが、打つときに両方のお尻が壁から離れてしまいます。

これが体重が親指の付け根に乗ったままということです。正しく体重移動すると、右のお尻が離れると同時に「ポン!」と左のお尻が壁にくっつき、そのままフィニッシュまで左のお尻が壁にくっついたままになります。

ライザップゴルフは個室なので、このように部屋中を動き回って練習することが多いです^ ^

参考:ライザップゴルフの評判はコチラ
>>ライザップゴルフの評判がなぜ高いのかレッスン体験者が語る

「手」ではなく「体全体」を使ってクラブを振るために

牧先生
もう1つアドバイスすると、今はまだ「手」の力でクラブを持ち上げ「手」の力でクラブを振り回しています。
自分
手に力を入れてるつもりはないんですが、テイクバックの時からスイングの軌道を意識してその通りに腕を動かしています。。。
牧先生
確かに手の力を使えば、スイングの軌道はいくらでも変えられます。でも、それではせっかくの体重移動が生きてきません。手の力を入れると余計にクラブが走ってきませんし、クラブは綺麗に抜けません。
自分
なるほど。。。
牧先生
手はクラブを支えるだけ。腕の力では一切クラブを左右に動かさないように。テイクバックでクラブが右に動くのは、体が回転した結果として右に移動しているだけです。

クラブ二本で素振りをする練習方法

牧先生
実は、体全体の力でクラブを振るのにもってこいの練習方法があります。
自分
ありがとうございます!どんな練習でしょう?
牧先生
クラブを二本持って素振りをしましょう。手の力を使うと全然綺麗に振れませんからね^ ^

僕が振るとカチャカチャうるさいですが、これめちゃくちゃ難しいんですよ(><;)

体の回転で振らないと、そもそも2本上手に振れません。つまり、今自分が体の回転をつかってスイングできているのかを確かめるための練習方法でもあるのです。

ライザップゴルフでは、このようなオリジナリティー溢れる練習方法が準備されていますし、家に持ち帰っても練習がはかどります。

参考:ライザップゴルフの料金はコチラ
>>ライザップゴルフの料金と安く抑える方法を体験者が教えます!

まとめ〜ライザップゴルフで教わる体重移動〜

以上、体重移動について、ライザップゴルフでの実際のレッスンの様子を公開しました。

自分なりにスイングのポイントをまとめると

体重移動の重要ポイント
  1. 体重は右足親指の付け根から左足のかかとへ移動
  2. お尻の位置が、ボール方向に近づかないように
  3. 手はクラブを支えるだけ。手の力でクラブを左右に動かさない
  4. 練習方法①:壁にお尻をつけた体重移動
  5. 練習方法②:クラブ2本を1本に見えるように素振りする

ライザップゴルフでは誰でも3,240円で、体験カウンセリングが受けられます。

施設や機械を使えるだけでなく、クラブごとに自分のショットに機械が点数をつけてくれるので、今の自分の実力や課題を知るのにもってこいです。

気になる方はぜひ公式HPをごらんください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です